藤橋家
藤橋家について 畜産飼料・鶏卵・肥料の商社事業 養鶏・鶏卵生産販売事業 育雛・育成事業 鶏卵加工販売事業 農業生産事業 日本の食の力を取り戻す事業
HOME畜産飼料・鶏卵・肥料の商社事業 > 牧場・農場経営のトータルバックアップ飼料・鶏卵・肥料等の販売
牧場・農場経営のトータルバックアップ
飼料・鶏卵・肥料等の販売
経営効率改善に繋がるコンサルティング
創造HUB
藤橋家の価値
畜産飼料提案販売の紹介
経営コンサルティングの紹介
取引先一覧と事業沿革
お客様の声と事例の紹介

藤橋商店のHPへ


食の源とあって取り扱う畜産物も多く、お客様に様々な形で価値を提供致します。
弊社が伝統的に行ってきた事業として飼料の販売があります。大きく分けて配合飼料・単味飼料・牧草類に分類されます。まず配合飼料の販売は日本配合飼料株式会社、日清丸紅飼料株式会社の特約販売店として上記2社で製造された配合飼料を販売しています。日本配合飼料株式会社は関西工場(兵庫県神戸市)で製造し、主に近畿圏のユーザーへの供給を担っています。また、中国地区については輸送コスト削減の為、日本農産工業株式会社水島工場(岡山県倉敷市)で委託生産をしています。日清丸紅飼料株式会社は西日本飼料株式会社(日清丸紅飼料株式会社の子会社。岡山県倉敷市)で製造し近畿地区・中国地区のユーザーに配合飼料を供給しています。弊社の販売エリアは近畿地区・中国地区・北九州地区と広範囲にわたり営業活動を行っています。

養鶏用飼料は採卵鶏用・ブロイラー用の2種類に大別され、それぞれ目的が異なります。採卵鶏用は雛から大雛(卵を産む前の鶏)までの育雛(入雛〜35日齢まで)・育成(35日齢以降〜出荷まで)用飼料があり、育雛期間は高たんぱく質、高カロリーの飼料を与えます。また育成飼料は骨格・内臓の発育を促進させる為、余分な脂肪分は排除した低蛋白・低カロリー飼料を給与いたします。成鶏用飼料は産卵前期には高蛋白・高カロリーの飼料を給与し高産卵ピークそして卵重の上昇を促します。産卵中期・後期には蛋白質・カロリーも徐々に減少させ卵重のコントロールを行っていきます。
養牛用飼料は肉牛用・搾乳用に大別され又、肉牛用は血統的に和牛・F1・ホルスタイン・外国牛に分けられます。
養魚飼料は淡水魚用・海水魚用の2種類に大別され弊社が扱う配合飼料は主に淡水魚用飼料であります。淡水魚用飼料には、錦鯉用・虹鱒用・鮎用・あまご用・うなぎ用と魚種によって飼料成分は異なります。
そのほかに養豚用飼料も販売しています。養豚用飼料も肉豚用・種豚用・子豚用と各ステージ毎に内容成分が区分されています。
単味飼料は主に養牛用配合飼料と共に給与され牛の月齢にあった飼料設計を行い肉色の改善・増体の促進に寄与いたします。
鶏卵の販売は弊社GPセンター※1で直営農場及び契約農場で生産された鶏卵を洗卵・選別しパック詰め、シュリンク包装、箱詰めにし大手量販店、大手外食産業ほかニーズに合った形態で出荷しています。包装形態以外にも機能性を生かした鶏卵を開発し販売致しています。例えば、ビタミン群ではA・E・D3を強化した卵やアルファリノレン酸・DHA・EPAを強化した卵の生産販売も行っています。

又、卵黄の色も消費者にとって食欲をそそる大きな要素であります。元来、卵黄色はとうもろこしの色素由来で賄っておりましたが消費動向としてはより色の濃さが求められています。この為、現在では卵黄色(カラーファン)アップの為パプリカ・マリーゴールド(ハーブの一種、キク科)を配合飼料に添加し色鮮やかな卵の生産も行っています。このような機能性を生かしたたまごや見た目の美しさを強調した特殊卵※2の生産・販売に積極的に取組んでいます。


※1 GP(Grading&Packingの略)とは、生産農場で産まれた卵を洗浄・殺菌して重量ごとにサイズ格付けし、包装する施設です。
※2 飼育方法や、与える飼料を工夫し消費者の求める価値を付与した卵です。
  • 肥料の販売は大きく分けて鶏糞・牛糞に大別されます。鶏糞は生糞の処理方法により天日乾燥鶏糞、コンポストや切返し方法による醗酵鶏糞、重油を燃料にドラム内で乾燥させる火力鶏糞の3種類があります。殆どの生産者は醗酵処理鶏糞の製造方式を取入れており、大手ホームセンター向けに販売を行っています。弊社も近畿地区、中国地区の大手ホームセンターへ積極的に販売活動を展開しています
▲このページの上へ
Copyright(C)2008 藤橋家. All Rights Reserved