藤橋家
藤橋家について 畜産飼料・鶏卵・肥料の商社事業 養鶏・鶏卵生産販売事業 育雛・育成事業 鶏卵加工販売事業 農業生産事業 日本の食の力を取り戻す事業
HOME 畜産飼料・鶏卵・肥料の商社事業 >藤橋家の価値採 算性の向上=経営サポート
牧場・農場経営のトータルバックアップ
藤橋家の価値
採算性の向上=経営サポート
付加価値
すべての畜産に関する多岐に渡る情報
畜産飼料提案販売の紹介
経営コンサルティングの紹介
取引先一覧と事業沿革
お客様の声と事例の紹介

藤橋商店のHPへ

畜産飼料・鶏卵・肥料の商社事業 藤橋家の価値

【食採算性向上のために】
弊社には「お客様の採算性の向上を図る事」という信条があります。
お客様の採算性の向上を図るとはどういうことなのか?
このことを考えるとき、私たちがまず知っておかなければならないことは、お客様の農場における成績、環境、若雌導入ローテーション、財務、の実態であると考えます。
そのためにまず、お客様に自農場の成績の重要性を知っていただき、その中から、改善すべき箇所や問題点を探り、明確にする。そして、その問題点を改善して成績アップを図り、採算性の向上を目指します。

【直営農場運営】
弊社においては平成4年より採卵鶏の雛を育てる直営の育成場を持ち、ヒヨコから産卵前の120日までの飼育をし、そこで育った大雛を販売する事業を立ち上げました。その後、平成7年より卵の生産農場である直営成鶏農場を建設しました。この直営成鶏農場は直営育成農場で育った大雛を導入しています。ここでのノウハウをお客様に提供できるように日々研鑽しています。このように直営農場を持つことは、養鶏場経営の実情を藤橋商店の社員すべてが理解でき、飼養管理技術の向上に向けての研究と改善にもつながります。
また、自社で生産した若雌はお客様にも販売しています。販売した若雌をヒヨコから産卵期間終了までデータの追跡調査をすることも可能です。

【農場成績のデータ化】
弊社は、昭和58年からお客様の農場を知る上において、得に成績の重要性を考え、採卵農場においては、データを一括管理するコンピュータシステムを飼料メーカーと一緒に構築し、お客様のデータを1週間毎、あるいは半月毎にお借りして農場成績をデータ化してお返しし、すぐにお客様に検分していただけるようにしています。
農場で取れるデータには、その日に産んだ卵の個数と重量、その日の死亡羽数、その日に鶏が食べた餌の量、その日に飲んだ水の量、鶏舎内の温度、その日の天候、温度がありますが、これらをデータ化することによって、お客様の農場が今、どのような環境の中でどのような成績で推移しているのか、生存率、産卵率、飼料要求率等の形で、計数化しグラフ化して実際に目で認識していただき、そこから見えてくるその農場の特徴と良点、悪点を拾い出し、農場にあった悪点の改善をお客様と共に考えていきます。

【お客様の農場の抗体検査、及び、鶏病診断】
弊社では、平成5年から「はりま鶏病センター」を顧問診療所に招き、ここで毎月お客様の採卵養鶏場の血液検査を行ってもらっています。
これは、農場の生産性を上げる為の鶏病予防の一貫として、ワクチン抗体推移の検証と、卵の販売先に対しての安全性の証明を目的としています。
血液検査を行うことによって、万が一、鶏の状態に異変が起きたときの鶏病の早期発見、早期治療が可能となります。

【経営のサポート】
現場管理に時間をとられがちなお客様の資金計画、売上管理、仕入管理などの財務管理面からのサポートも行っています。この分野はお客様にとってはあまり立ち入られたくない部分ではありますが、お客様との信頼関係の中で経営の一役を担わせていただいています。
養鶏場運営において、若雌導入ローテーションは最も重要な計画書です。
このローテーションがないと予算書を組むことも出来ません。その農場に最良のローテーションをお客様と共に考え、このローテーションに基づいた年間予算書を作成し、お客様に提供しています。
また、そのお客様の農場で毎月、経営改善の為の会議を実施しています。予算と実績を比較検討し、その都度、問題点、改善点等を洗い出し、いち早くそれらを解決していけるように取り組んでいます。

このように、私たちは、常にお客様の農場の生産性の向上と、採算性の向上を図るため、農場の若雌導入ローテーションから血液検査、年間予算作成、財務管理までトータルにサポートさせていただいています。

▲このページの上へ
Copyright(C)2008 藤橋家. All Rights Reserved